2019.9.8 18:14

ロッテ、鷹に痛い逆転負け 井口監督「勝ちパターンの投手なので…」

ロッテ、鷹に痛い逆転負け 井口監督「勝ちパターンの投手なので…」

8回、ソフトバンク・明石に勝ち越しの適時二塁打を浴びたロッテ・東妻=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

8回、ソフトバンク・明石に勝ち越しの適時二塁打を浴びたロッテ・東妻=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 ロッテは8日、ソフトバンク24回戦(ヤフオクドーム)に6-9で逆転負け。再び勝率5割に逆戻りとなった。

 ソフトバンクに16勝8敗と大きく勝ち越してはいるが、敵地ではこれで6勝6敗となった。

 6-4の七回に力投を続けていた先発の種市が、松田宣に28号ソロを浴び1点差。なお1死二塁とされ、代わった松永が代打の川島に同点適時打を許した。

 八回は4番手のD2位・東妻(日体大)が1死から内川に右翼線二塁打、松田宣を申告敬遠、高田を一ゴロで2死一、三塁となり、代打の明石に右翼線へ決勝の2点二塁打を浴びた。続く川島にも左中間を破る適時二塁打を打たれ、プロ初黒星を喫した。

 接戦に競り負けたロッテ・井口監督は「勝ちパターンの投手なので、なんとか頑張ってほしかったですけど、また明日頑張りたいと思います」と4連戦最終戦に向けて気持ちを切り替えた。

試合結果へ