2019.9.8 18:00

DeNA、4連敗で4差に ラミレス監督は打撃不振を嘆く

DeNA、4連敗で4差に ラミレス監督は打撃不振を嘆く

6回、マウンドのDeNA・三上に集まるナイン=ナゴヤドーム(撮影・榎本雅弘)

6回、マウンドのDeNA・三上に集まるナイン=ナゴヤドーム(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 (セ・リーグ、中日5-2DeNA、22回戦、DeNA12勝10敗、8日、ナゴヤD)2位DeNAは痛恨の4連敗となった。10日から直接対決を迎える首位巨人とは4ゲーム差がついた。逆転優勝には3連勝が求められる状況となり、ラミレス監督は「とにかく初戦。初戦を勝つことに集中したい」と話した。

 先発の駒不足からリリーバーの斎藤をプロ初先発に抜てき。5回1失点と期待以上の好投だったが、打線が大野雄に八回まで散発3安打とねじ伏せられた。監督は「何とか勝たせてやりたかったが…。先取点を与えると、難しい状況にある」と打撃不振を嘆いた。

試合結果へ