2019.9.6 23:35

スカウト陣、1回降板も佐々木に好印象「いい時を知っている」「球は良かった」

スカウト陣、1回降板も佐々木に好印象「いい時を知っている」「球は良かった」

1回、四球を与え表情がくもる佐々木朗希=機張現代車ドリームボールパーク(撮影・水島啓輔)

1回、四球を与え表情がくもる佐々木朗希=機張現代車ドリームボールパーク(撮影・水島啓輔)【拡大】

 W杯初登板で先発した日本の佐々木(岩手・大船渡)は1回で降板となったが、視察に訪れたプロのスカウトは好印象を語った。

 今秋のドラフト会議で佐々木を1位指名する方針を明らかにしている日本ハムの大渕スカウト部長は「評価は変わらない。中身がどうであれ、国際舞台で投げたことは彼の将来のためになる」と期待を寄せた。

 DeNAの吉田スカウト部長も「アクシデントだから仕方がない。いい時を知っている。評価は変わらない」。巨人の長谷川スカウト部長は「球は良かった。ビジュアルやミットの音は素晴らしい」と語った。

 一方、元広島で現在は米大リーグ、ブルワーズの国際スカウトを務めるバリントン氏は「良かったけど、サンプルが少なすぎてそれ以上は言えない。もっと見たかった」と話した。(共同)

試合結果へ試合日程へ

  • 日本先発の佐々木朗希=機張現代車ドリームボールパーク(撮影・水島啓輔)