2019.9.5 00:00(1/2ページ)

中日・松坂激白「来季も中日がベスト」大減俸は覚悟、球団に伝える

中日・松坂激白「来季も中日がベスト」大減俸は覚悟、球団に伝える

松坂が心中を激白。来季も中日でプレーしたい意向を明かした。

松坂が心中を激白。来季も中日でプレーしたい意向を明かした。【拡大】

 来季の去就が白紙となり、現役続行を希望する中日・松坂大輔投手(38)が4日、ナゴヤ球場で練習後、サンケイスポーツの取材に応じた。「来季も中日で現役をやるのがベストです」と去就問題が表面化してから初めて、現在の心境を激白した。今季年俸8000万円からの大減俸を覚悟。14日からのウエスタン・阪神3連戦(ナゴヤ球場)で残留テストに臨む見通しであることも判明した。

 中日が好き。野球ができるなら、いくらでもいい。松坂が愛車の窓を開けた。およそ5分間-。熱い言葉をつむいだ。

 「僕が決められることではないが…。来季も中日で現役をやるのがベストです。(加藤)代表にも伝えています」

 来季、現役を続けているかどうかも、わからない。ボールは球団の陣地にある。1日に去就について加藤球団代表と会談。これまで「内容については言えない」としてきたが、現時点では、中日一本だと明かした。

 条件にこだらわない。今季は2試合で0勝1敗、防御率16・88。熱意を買われる形で再契約を勝ち取ったとしても、年俸8000万円からの大幅減は避けられない。

 「今年、なにもやっていないし、僕が言える立場ではないですから」

 減額制限(年俸1億円以下は25%)を超えることについても「そうです」と甘んじて受け入れる覚悟を示した。

 8月下旬に右肘を痛めてリハビリ中だが、40歳シーズンに向けて自信があるからこそ嘆願する。

 「右肩は『絶好調』ですよ。右肩の調子がいいから、その反動で、右肘を痛めたかもしれませんね」と白い歯をこぼす。

 常に肩との戦いだった。ソフトバンク時代の2015年に手術。今春の春季キャンプでファンと接触し、痛めたのも肩だった。今は古傷じゃない。肘は日にち薬で治る。この日も40メートルほどの距離でキャッチボールを行うなど、軽快だった。

【続きを読む】