2019.9.4 05:00

浜屋に11球団熱視線!三菱日立パワーシステムズ、日本選手権決めた

浜屋に11球団熱視線!三菱日立パワーシステムズ、日本選手権決めた

日本製鉄かずさマジック戦、救援で好投した三菱日立パワーシステムズ横浜・浜屋将太投手 =大田スタジアム(撮影・赤堀宏幸)

日本製鉄かずさマジック戦、救援で好投した三菱日立パワーシステムズ横浜・浜屋将太投手 =大田スタジアム(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 社会人3年目を迎えた三菱日立パワーシステムズのドラフト上位候補、浜屋将太投手(20)が3日、社会人日本選手権関東最終予選の日本製鉄かずさマジック戦(大田スタジアム)に2番手で登板し6回1/3を3安打無失点。チームは2-1で勝ち、日本選手権(11月、京セラ)出場を決めた。

 「出た回はとにかく投げ切ろう、だった。あとは力んで体が開かないようにして投げた」

 今夏の都市対抗にも出場した175センチ、77キロの左腕は同点の三回2死満塁で、左打者の4番・松本をスライダーで三ゴロ。自己最速の148キロには届かなかったが、145キロの直球に多彩な変化球を交え、その後も無失点で投げ切った。

 西武・前田スカウト部長が「先発も中継ぎもできる貴重な左腕」と話したように、視察した11球団の評価は右肩上がりだ。 (赤堀宏幸)

DeNA・吉田スカウト部長「きょうは長いイニングをうまく投げていた」

中日・米村チーフスカウト「順位は別として、左投手で4番目に名前が挙がる可能性はある」