2019.9.1 05:04(3/3ページ)

阪神・鳥谷が退団決意 引退勧告受け即答「他球団へ行きます」

阪神・鳥谷が退団決意 引退勧告受け即答「他球団へ行きます」

特集:
移籍・退団・引退
試合前、円陣を端っこのほうで聞く阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・今野顕)

試合前、円陣を端っこのほうで聞く阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・今野顕)【拡大】

 「クライマックスシリーズに出れば、優勝のチャンスも出てきますし、そこを一番に考えて。しっかりチームに貢献できることを常に考えながら、やっていきたい」

 この日は七回に代打でスタンバイ。走者が出れば打席に立つ予定だったが、出なかったため中谷に譲った。その中谷が決勝弾でヒーローに。試合後は、口を開くことなく引き揚げた。虎でのレギュラーシーズンは、残り21試合。移籍を模索する鳥谷にとっても、他球団に向けた重要なアピールの場になる。

鳥谷が入団当時の1軍ヘッドコーチだった阪神・平田2軍監督「遊撃でレギュラーを張ってきた功績はすごい。(当時監督の)岡田さんが一目で『レギュラーで使う』って言ったんだ」

★G関心示さず 竜検討可能性

 鳥谷は来季39歳という年齢に加え、4億円という高年俸。一方、歴代2位の1939試合連続出場の記録を誇るなど実績豊富で、猛練習でも有名。若手の手本となることは必至だ。獲得にあたって短所も長所もあるだけに、巨人の大塚球団副代表編成担当は「素晴らしい選手」と評価しつつも「(調査は)考えていない」。DeNA、西武なども現時点で検討する予定はない。一方、若手が多く、選手層も厚くないチームは獲得に動く可能性がある。ロッテは井口監督が鳥谷と師弟関係。中日も球団関係者が「本人が現役を望んでいるのか、調査しなければならない」と話し、検討する可能性がある。

試合結果へ

  • 鳥谷は七回、ネクストバッターズサークルに登場。試合前に退団を明らかにした(撮影・今野顕)
  • 阪神・鳥谷
  • 1回、ベンチで試合を見つめる阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 2回、守備を終えた野手を迎える阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 7回、次打席で待つ阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 試合に勝利しナインを迎える阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 試合前練習を行う阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・岡田茂)