2019.9.1 05:01

阪神・藤浪、2軍戦で5回7失点5四死球

阪神・藤浪、2軍戦で5回7失点5四死球

特集:
藤浪晋太郎
ウエスタン・ソフトバンク戦(タマホーム筑後)で投げる阪神・藤浪

ウエスタン・ソフトバンク戦(タマホーム筑後)で投げる阪神・藤浪【拡大】

 (ウエスタンリーグ、ソフトバンク7-10阪神、31日、タマホームスタジアム筑後)阪神・藤浪晋太郎投手(25)は31日、ソフトバンク戦(タマホーム筑後)に先発したが、5回を7安打7失点。5四死球と乱調だった。試合は10-7で逆転勝ち。

 藤浪は5回7安打7失点。5四死球と乱れた。二回先頭の長谷川勇にソロを浴びると、内野安打と2つの四球などで2死満塁。ここで三森に押し出しの死球を与え、その後も連打を浴びた。この回、3四死球が絡んで6失点に「ボール自体が甘い。もっと工夫ができたらよかった。しっかり直球をはじき返されたのが反省です」と猛省した。