2019.8.31 19:10

ヤクルト・平井が3年ぶり勝利「これからも投げ続けたい」

ヤクルト・平井が3年ぶり勝利「これからも投げ続けたい」

9回、投球するヤクルト・平井=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)

9回、投球するヤクルト・平井=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、中日2-5ヤクルト=延長十回、22回戦、中日12勝10敗、31日、ナゴヤD)ヤクルトの平井が九回から3番手で登板して1回無失点とし、2016年8月25日の中日戦以来、3年ぶりの勝利を得た。「(勝ち星は)意識はしていないが、大事な場面を任せてもらえているので」と喜んだ。

 愛媛・帝京五高からドラフト4位で入団したプロ10年目の右投手。一時は右肩の負傷から育成契約となったが、再びはい上がってこれでプロ通算5勝目とした。「失点ゼロで(ベンチに)帰ることが大事。これからも投げ続けたい」と意気込んだ。

ブキャナン(7回2失点)「しっかり両サイドに投げ分けて、打たせて取ることができた」

梅野(初の60試合登板)「投げられたのはうれしい。けど、もっと投球内容にこだわってシーズン最後まで投げたい」

中村(二回に先制二塁打)「甘く入ってきた球を打ち損じないで打つことができた」

小川監督(決勝3ランの山田哲に)「最後の最後にいい打撃をしてくれた」

試合結果へ