2019.8.29 15:22

立大が立正大に2-0で勝利 大学野球オープン戦

立大が立正大に2-0で勝利 大学野球オープン戦

立正大・糸川亮太投手は、立大とのオープン戦の八回に登板し、三者凡退と仕上がりの順調さを見せた

立正大・糸川亮太投手は、立大とのオープン戦の八回に登板し、三者凡退と仕上がりの順調さを見せた【拡大】

 東京六大学野球の立大と東都大学野球の立正大が29日、埼玉・新座市の立大グラウンドでオープン戦を行い、立大が2-0で勝利した。

 立大は一回2死二塁で4番・山田健太内野手(1年)が左前打を放ち先制。六回1死一、三塁で二ゴロ野選で2点目を奪い、5投手が継投して立正大打線を3安打で0封した。

 立正大は昨秋のリーグ戦優勝と明治神宮大会制覇に導いたエース右腕・糸川亮太投手(3年)が八回に登板。4、5、6番を三者凡退に仕留め、秋季リーグ戦開幕(9月9日)の先発に向け、順調な仕上がりぶりを見せた。