2019.8.29 22:17

ヤクルト・山田哲、30発30盗塁到達「素直にうれしい」

ヤクルト・山田哲、30発30盗塁到達「素直にうれしい」

特集:
山田哲人
4回、二盗決めるヤクルト・山田哲=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

4回、二盗決めるヤクルト・山田哲=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA4-2ヤクルト、24回戦、DeNA14勝10敗、29日、横浜)ヤクルトの山田哲が四回と六回に二盗を決めて今季31盗塁とし、2年連続4度目の同一シーズン30本塁打、30盗塁に到達した。チームの優勝の可能性が完全になくなり笑顔はなかったが「30本、30盗塁はシーズン前から目標にしていた。素直にうれしい」と話した。

 0-0の四回は先頭打者として遊ゴロ失策で塁に出て盗塁を決め、1-0の六回1死では四球を選んで盗塁し、ともに生還した。昨季から36盗塁連続成功とし「理想というか、足を絡めて得点できた。試合には負けたけど、途中まではいい試合ができた」と前向きに話した。

試合結果へ

  • 4回、生還しタッチをかわすヤクルト・山田哲=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)