2019.8.28 08:00

【板東英二の観戦記】阪神・鳥谷、ヤクルト・青木と2人一緒に引退…それがボクの願い

【板東英二の観戦記】

阪神・鳥谷、ヤクルト・青木と2人一緒に引退…それがボクの願い

鳥谷(左)と話す板東氏。渦中のベテランから反骨心を感じたという(撮影・甘利慈)

鳥谷(左)と話す板東氏。渦中のベテランから反骨心を感じたという(撮影・甘利慈)【拡大】

 新聞を見て気になっていました。鳥谷です。だから姿を見つけると、すぐに声をかけました。「絶対にやめるなよ!」と。すると「絶対やめませんよ」と答えてくれました。反骨心というか、ほとばしるものを感じましたね。Aクラス入りには彼の力が必要。是非がんばってほしいです。

 ヤクルトの青木が米大リーグに行く前のこと。僕がMCを務める番組に出てくれたことがあったのですが、休憩中に「僕は鳥谷より先にやめることは絶対にないです」と言ったことを思い出します。早大の同級生ですが学生時代は鳥谷の方が上でした。青木にとって鳥谷は永遠のライバル。いまは青木が少し前に出ていますが、鳥谷も並んで走らないといけないですよ。そしていつか2人一緒に引退してほしい-。それが僕の願いです。

 矢野監督にも挨拶しましたが「あともう一息です。負けませんよ」と力強かったですね。貯金には残り24試合で14勝10敗以上。監督もトーナメントのつもりで戦うでしょう。球場に来るまでは正直厳しいと思っていましたが、鳥谷や矢野監督、福留、藤川らの表情を見たら、まだまだいけると確信しました。そしてAクラス入りできたら、板東の激励のおかげです(笑)。 (サンケイスポーツ評論家)