2019.8.28 05:04(1/3ページ)

サンスポが直撃!阪神・鳥谷、注目の去就「どうするかは僕の自由ですから」

サンスポが直撃!阪神・鳥谷、注目の去就「どうするかは僕の自由ですから」

室内で練習する鳥谷。去就については「僕の自由」と話し、野球に集中する(撮影・甘利慈)

室内で練習する鳥谷。去就については「僕の自由」と話し、野球に集中する(撮影・甘利慈)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-中日=降雨中止、27日、甲子園)トリを直撃-。進退発言で揺れる阪神・鳥谷敬内野手(38)が、中日戦(甲子園)が降雨中止となった27日、サンケイスポーツの取材に「(自分の進退を)どうするかは僕の自由ですから」と心境を明かした。2004年入団時から知るサンケイスポーツ編集委員・三木建次(55)が過去のエピソードから、プロ16年目で「最後かも」と口にした虎一筋の男に迫る。

 どんなに騒がれても渦中の男はルーティンを変えなかった。雨の甲子園。午後1時過ぎ。鳥谷は、いつものように誰よりも早く室内練習場に姿を見せた。

 「(話題のある)こういうときしか取材に来ないんですね。もう練習が始まりますから」

 過熱報道にうんざり気味で、まずはそっけない対応。で、来年はどうするの? 記者のド直球勝負に「(自分の進退を)どうするかは僕の自由ですからね」と、今は野球に集中させてほしいとばかりに、そう言い残してグラウンドに駆けだしていった。

 25日のヤクルト戦(神宮)後、「神宮というか自分も最後かもしれないので、いい打席だったと思います」と発言。早大時代から汗を流した神宮での今季最終戦でもあり、翌26日の1面で“重大発言”と大きく報じた。

 5年契約最終年の今季は、先発で8試合出場しただけ。若手に出場機会を奪われた格好だが、本人は「体はどこも悪くないし、まだまだ動ける」と関係者に漏らしている。

【続きを読む】

  • 2015年の沖縄キャンプ休日に海岸を走る鳥谷。一人黙々と練習していた
  • 8月26日付サンケイスポーツ1面
  • 阪神・鳥谷の月別打撃成績
  • 阪神・鳥谷の年度別打撃成績