2019.8.28 23:49

ヤクルト・小川監督、サヨナラ打浴びた星に怒り「最後の球は論外」

ヤクルト・小川監督、サヨナラ打浴びた星に怒り「最後の球は論外」

12回、DeNA・山本にサヨナラ安打を許しベンチに戻るヤクルト・星=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)

12回、DeNA・山本にサヨナラ安打を許しベンチに戻るヤクルト・星=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA7x-6ヤクルト=延長十二回、23回戦、DeNA13勝10敗、28日、横浜)ヤクルトは救援陣が要所で踏ん張れずサヨナラ負けを喫した。6-5の八回に梅野が同点に追い付かれると、延長十二回は前日27日に黒星を喫した星が2死満塁で山本に決勝打を浴びた。

 星は山本を2ストライクと追い込みながら、3球目の変化球が甘く入って痛打された。小川監督は「結局は勝ち切れなかったということ。チャンスでなかなか得点できなかった。でも、最後の球は論外」と珍しく怒りをにじませた。

ヤクルト・石川(4回4失点)「先発が早い回で降りるとこうして後ろの投手に迷惑が掛かる。申し訳ないというのも繰り返しているが、こういう展開になって申し訳ない」

試合結果へ