2019.8.27 05:03(1/3ページ)

阪神、来季新助っ人にオースティンらリストアップ!ヤ軍でメジャー初打席初本塁打

阪神、来季新助っ人にオースティンらリストアップ!ヤ軍でメジャー初打席初本塁打

 阪神が来季の新外国人候補として、タイラー・オースティン内野手(27)=ブルワーズ3A、アダム・デュバル外野手(30)=ブレーブス、マット・スコール内野手(30)=ホワイトソックス=らをリストアップしていることが26日、わかった。渡米して調査を行った球団幹部が帰国し、今週末にはオーナー報告会も行われる予定。今季の逆襲はもちろん、来季に向けても本格的に動き出す。

 残り24試合。逆転でのCS進出へ執念を燃やす矢野虎だが、夏の終わりとともに、来季に向けたチーム作りへの動きも、本格化する。なかでも重要なカギを握るのが、強打の外国人選手だ。

 矢野監督が常々「いかに点を取っていくのかがうちの課題」と話すように、25日終了時で444得点は両リーグワーストに沈む。82本塁打も同ワースト2位(中日76、オリックス82)と破壊力不足は明らか。同トップの防御率3・57を誇る投手陣が奮闘しているが、ここまで借金3の4位、首位巨人とは9・5ゲーム差というのが現実だ。

【続きを読む】