2019.8.25 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】貧打を解消しなければ来季も結果は同じ、金に糸目をつけずメジャーの超大物を獲得せよ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

貧打を解消しなければ来季も結果は同じ、金に糸目をつけずメジャーの超大物を獲得せよ

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
マルテ、ソラーテと話す阪神・矢野監督

マルテ、ソラーテと話す阪神・矢野監督【拡大】

 ジョーンズ、デュバル、グロスマン、アギュラー。矢野阪神の来季に向けた新外国人選手はチームを確変させる大物選手をターゲットにしてください!! 阪神は116試合消化時点で53勝57敗6分の4位。首位・巨人とはV絶望の10・5ゲーム差です。チーム打率2割4分9厘はリーグ4位、80本塁打は同5位、得点428は同ワーストです。貧打を解消しなければ来季も結果は同じ。それどころか、現有助っ人勢に期待感がない上に福留や糸井の衰えも顕著になる来季は重大危機の到来です。大物外国人の獲得は矢野監督の監督生命をも左右する経営判断になるでしょう。

【続きを読む】

  • ヤンキース・田中将大(手前)と対戦するオリオールズ時代のアダム・ジョーンズ