2019.8.25 17:46

ロッテ・アジャ井上74日ぶり“4番弾” バックスクリーンへ豪快22号

ロッテ・アジャ井上74日ぶり“4番弾” バックスクリーンへ豪快22号

2回、先制の本塁打を放ったロッテ・井上=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

2回、先制の本塁打を放ったロッテ・井上=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)【拡大】

 ロッテの井上晴哉内野手(30)が25日、ソフトバンク21回戦(ZOZOマリン)に「4番・一塁」で出場。二回の第1打席で、中越えの先制22号ソロを放った。

 「まず先制できてよかった。とにかくチームが勝つことが一番なので、きょうも勝てるように頑張ります」

 0-0の二回先頭、ソフトバンク先発・武田に対して、2ボールからの3球目の直球を主砲らしく、豪快にバックスクリーンへと運んだ。

 得意の夏場に調子が上がらず、7月以降は6、7番での起用が続いたが、23日は八回に千賀から貴重な2ランを放ち、前日24日から4番に復帰していた。復調の気配を見せる主砲が、4番では6月12日のDeNA戦(ZOZOマリン)以来、実に74日ぶりの本塁打となった。