2019.8.24 20:00

阪神・福留、今季5度目の猛打賞

阪神・福留、今季5度目の猛打賞

特集:
福留孝介
1回、2点本塁打を放つ阪神・福留=神宮球場(撮影・門井聡)

1回、2点本塁打を放つ阪神・福留=神宮球場(撮影・門井聡)【拡大】

 阪神・福留孝介外野手(42)が24日のヤクルト戦(神宮)で今季5度目の猛打賞を記録した。

 一回に先制の8号ソロを放つと、四回先頭では左前打でチャンスメーク。五回1死では右中間へ二塁打を放ち、自身3度目となるサイクル安打に王手を掛けた。

 福留が猛打賞を記録するのは16日の巨人戦(東京ドーム)以来、7試合ぶり。三塁打を放ってサイクル安打達成となれば、2016年7月30日の中日戦(甲子園)以来。キャリアで3度のサイクル安打を達成となれば、1995、97、99年に達成したローズ(横浜)以来となる。