2019.8.24 18:29

巨人・山口、25日DeNA戦で今永と投げ合い「何が何でも負けられない」

巨人・山口、25日DeNA戦で今永と投げ合い「何が何でも負けられない」

キャッチボールで調整する山口俊(撮影・今野顕)

キャッチボールで調整する山口俊(撮影・今野顕)【拡大】

 巨人・山口俊投手(32)が24日、東京ドームでキャッチボールやダッシュなどを行い、先発するあす25日のDeNA戦に向けて調整。相手のエース・今永との今季2度目の投げ合いとなるだけに、言葉に力を込めた。

 「もう明日はね、もう負けられないので、何が何でも負けられないので。本当に勝ちにいくじゃないですけど、やりたいですね」

 14年目の今季はここまで20試合に登板し、12勝2敗、防御率2・85。勝利数と勝率(・857)でセ・リーグトップに輝いている。対DeNAも2試合で1勝0敗、防御率1・38と相性がいい。18日の前回登板(対阪神、東京ドーム)では、七回途中3失点ながら、自身8連勝を飾り、キャリアハイのシーズン12勝目を挙げた。

 今季、今永とは7月5日に投げ合っており、その際は山口が8回2失点と好投し、勝利している。今永との投げ合いへ、気持ちの高ぶりを問われた右腕は「ゼロじゃないと思います。ただやっぱりこの残り30試合を切った中で、このカード、次のカードというのはすごい大事だと思っているので。本当に勝ちにいくだけですね」と意気込みを口にした。