2019.8.22 22:54

ヤクルト・山田哲、母校優勝が刺激「直球を待ってそれを捉えることができた」

ヤクルト・山田哲、母校優勝が刺激「直球を待ってそれを捉えることができた」

特集:
山田哲人
  • 2回ヤクルト2死満塁、山田哲が左前に2点打を放つ=マツダ
  • 先発のヤクルト・小川=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 広島戦に先発したヤクルト・小川=マツダ
  • 2回、先制の30号中越え本塁打を放つヤクルト・村上=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 2回山田哲の2点適時打で生還したヤクルト・小川=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)
  • 2回、2点適時打を放つヤクルト・山田哲=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)
  • 5回、左3点適時打を放つヤクルト・小川=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)
  • 7回、ヤクルト・近藤=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)

 (セ・リーグ、広島4-8ヤクルト=七回裏1死雨天コールド、20回戦、広島11勝9敗、22日、マツダ)ヤクルトの山田哲が3安打2打点と勝利に貢献した。1-0の二回2死満塁で外角直球を左前にはじき返す2点適時打を放ち「直球を待ってそれを捉えることができた」と満足げに語った。

 夏の甲子園大会を制した大阪・履正社高出身。大会前には自らのシルエットが入ったシャツを野球部の全員に贈ったという。母校の春夏通じての初優勝に「うれしい。刺激になる」と後輩からもらったエネルギーを試合で発散した。

試合結果へ