2019.8.22 23:16

巨人、マジック点灯お預け ヤクルト・村上が30号/22日のプロ野球

巨人、マジック点灯お預け ヤクルト・村上が30号/22日のプロ野球

 プロ野球は22日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。


(セ・リーグ、中日7-4巨人、20回戦、巨人13勝6敗1分、22日、ナゴヤD)

 中日が連敗を4で止めた。一回は福田の適時打で先制し、失策で加点。三回はビシエドが2ランを放ち、四回も藤井、京田の二塁打などで3点を奪った。梅津は6回3失点で2勝目、岡田は7セーブ目。巨人は連勝が6でストップした。

お立ち台の中日・梅津(左)とビシエド=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)

試合結果へ


(セ・リーグ、広島4-8ヤクルト=七回裏1死雨天コールド、20回戦、広島11勝9敗、22日、マツダ)

2回、先制の30号中越え本塁打を放つヤクルト・村上=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

 七回裏1死降雨コールドゲーム。ヤクルトは二回に村上の30号ソロと山田哲の2点打で3点を先制し、五回に雄平の適時打、小川の3点二塁打などで5点を加えた。小川は6回4失点で7月2日以来の4勝目。広島は投手陣が崩れた。

試合結果へ


(セ・リーグ、阪神0-8DeNA、21回戦、阪神13勝7敗1分、22日、京セラ)

 阪神が3連勝でこのカード6年連続の勝ち越しを決めた。4年目の望月がピンチで粘り、6回無失点でプロ初勝利。三回に木浪の適時打と福留の2ランで3点先制し、八回は大山の適時二塁打などで5点を加えた。DeNAは打線が沈黙。

試合結果へ


(パ・リーグ、西武3-5日本ハム、21回戦、日本ハム11勝10敗、22日、メットライフ)

 日本ハムは1点を先制された直後の四回に渡辺の2ランで逆転し、六回に清宮の2試合連発となる2ランで加点した。2番手の公文が2勝目を挙げ、秋吉がプロ6年目で自己最多の20セーブ目。西武は打線がつながりを欠いた。

試合結果へ


(パ・リーグ、ソフトバンク5-1オリックス、20回戦、ソフトバンク13勝6敗1分、22日、ヤフオクD)

 ソフトバンクが今季のオリックス戦勝ち越しを決めた。五回に内川の2点二塁打などで3-1と逆転し、七回に柳田のソロで突き放した。6回1失点の和田が4勝目。オリックスは二回以降打線が沈黙し、連勝が5で止まった。

試合結果へ


(パ・リーグ、ロッテ5-8楽天=延長十回、21回戦、ロッテ11勝8敗2分、22日、東京D)

 楽天が延長戦を制した。4-4の十回1死一、三塁で途中出場の太田のスクイズで勝ち越し、島内の3ランで突き放した。九回を抑えた5番手の松井が2勝目を挙げた。ロッテは打線が4点差を追い付いたが力尽き、5位に転落した。

試合結果へ