2019.8.22 05:05(3/3ページ)

伝説V見逃すな!星稜・奥川、“自責点ゼロ優勝投手”へ「集大成を表現できれば」/甲子園

伝説V見逃すな!星稜・奥川、“自責点ゼロ優勝投手”へ「集大成を表現できれば」/甲子園

練習後、撮影に応じる星稜・奥川(左)と山瀬=大阪府豊中市の豊中ローズ球場(撮影・桐原正道)

練習後、撮影に応じる星稜・奥川(左)と山瀬=大阪府豊中市の豊中ローズ球場(撮影・桐原正道)【拡大】

群馬・前橋育英高2年時の2013年夏、準決勝まで自責点0で優勝投手(決勝は自責点2)となった西武・高橋光「自分の時は決勝戦は自責点のことは全然気にせず、とにかく優勝したいと思って投げていました。(奥川は)制球が良く球威もあって、高校生であれはすごいなと思って見ています」

★夏の甲子園で自責点0の優勝投手

 30イニング以上を投げて、失点、自責点ともに0で優勝したのは、1939年の海草中・嶋清一(5試合、45回)、48年の小倉・福嶋一雄(5試合、45回)の2人。ほかに失点を喫したが、自責点は0で優勝したのは、37年の中京商・野口二郎(5試合、47回、4失点)、71年の桐蔭学園・大塚喜代美(5試合、45回、2失点)がいる。奥川が達成すれば、74年の金属バット導入後初のケースとなる。

試合日程へ組み合わせへ

  • キャッチボールなどで調整した奥川。決戦に備えた(撮影・桐原正道)
  • 元谷芙美子・アパホテル社長