2019.8.22 21:55

オリックス・張奕、五回2死から崩れる「2アウトから慎重になりすぎた」

オリックス・張奕、五回2死から崩れる「2アウトから慎重になりすぎた」

投球する先発のオリックス・張奕=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

投球する先発のオリックス・張奕=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク5-1オリックス、20回戦、ソフトバンク13勝6敗1分、22日、ヤフオクD)育成から今季支配下登録され、3度目の先発に臨んだオリックスの張奕は、1-0の五回2死から崩れた。福田、柳田を続けて歩かせてしまい、内川、グラシアルに連続の適時二塁打を浴びて3失点。自身2連勝中だったが、勝利投手の権利を目前にして逆転を許し、初黒星を喫した。「2アウトから慎重になりすぎた」と唇をかんだ。

 台湾出身で、福岡は高校、大学時代を過ごした思い出の地。日本経大では、野手としてヤフオクドームの打席を経験しており「やりやすい。相性はいいんじゃないか」と好印象を抱いていた。ただ、投手へ転向して初めて立ったマウンドでは悔しい結果となった。

試合結果へ