2019.8.21 05:02

ロッテ・石川、亡き恩師に捧げる79日ぶり4勝

ロッテ・石川、亡き恩師に捧げる79日ぶり4勝

8回、浅村を二ゴロにしとめベンチに引き揚げるロッテ・石川歩=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

8回、浅村を二ゴロにしとめベンチに引き揚げるロッテ・石川歩=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ7-3楽天、19回戦、ロッテ11勝6敗2分、20日、ゾゾマリン)開幕投手が完全復活を遂げた。ロッテ・石川歩投手(31)が8回6安打2失点の好投。無四球で6月2日以来、79日ぶりの4勝目を手にした。

 「すごくうれしい。できすぎだと思います」

 開幕戦と同じ岸との投げ合いで、自己最多に並ぶ11奪三振。4年ぶりの2桁三振を奪い、チームの連敗を3で止めた。

 6年目の今季は開幕から不調で、出場選手登録を2度外れた。変化球でかわすのではなく、直球を見つめ直してほしいとの首脳陣の意向で、7月10日から救援へ回った。10試合に登板し「先発が長いイニングを投げると楽だと思った」と視野が広がり、期待通りに直球の感覚も戻ってきた。

 今夏に東京ガス時代のコーチ、安達公則氏が39歳の若さで亡くなった。「野球だけじゃなく、いろいろなことを教わった」という恩師に、復活の白星を届けた。

 チームは再び単独4位に浮上し、3位・楽天に1ゲーム差。石川は「ここから乗っていけるように安定した投球を続けていきたい」と巻き返しを誓った。 (浜浦日向)

石川についてロッテ・井口監督「攻める投球で、彼らしい本来の姿になってくれた」

試合結果へ

  • 先発のロッテ・石川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
  • 2回、先制の適時二塁打を放つロッテ・レアード=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
  • 7回、勝ち越しの適時二塁打を放ったロッテ・荻野=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
  • 8回、適時打を放つロッテ・中村=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)