2019.8.21 05:00

日本ハム、U18W杯へ007を4人派遣

日本ハム、U18W杯へ007を4人派遣

 日本ハムは20日、東京都内で今年4度目のスカウト会議を開き、今秋のドラフトの指名候補を70-80人に絞り込んだ。

 すでに大船渡高・佐々木朗希投手の1位指名を公表しており、吉村GMは「変わらない」と明言。佐々木、星稜高・奥川らが日本代表として出場するU18W杯(韓国)には大渕スカウト部長、白井スカウト(東北・北海道担当)ら4人を派遣する予定で、同GMは「他の候補選手の視察がメイン」と説明した。