2019.8.21 05:01

痛恨の先制点献上…ラミDeNA、申告敬遠裏目「押し出しは想定していない」

痛恨の先制点献上…ラミDeNA、申告敬遠裏目「押し出しは想定していない」

押し出しの四球で失点したDeNA先発・浜口遥大=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)

押し出しの四球で失点したDeNA先発・浜口遥大=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神8-0DeNA、19回戦、阪神11勝7敗1分、20日、京セラ)勝負の分かれ目は0-0で迎えた五回の申告敬遠だった。2死二、三塁から、そこまで無安打の近本を歩かせて満塁策を選んだが、浜口が木浪に4球で押し出し四球を与え、福留に3点二塁打を浴びた。ラミレス監督は「近本は、うちの左投手から打率5割以上打っていた。その後の押し出しは想定していなかったが」と悔やんだ。昨季はリーグ最多56、今季も45個目と故意四球が圧倒的に多いが、この日はこれが裏目。首位・巨人とのゲーム差は6に広がった。

試合結果へ

  • 5回途中で降板するDeNA・浜口(右)=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)
  • 先発のDeNA・浜口=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 5回、投球するDeNA・藤岡=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 投球するDeNA・赤間=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 7回、投球するDeNA・笠井=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 7回、阪神・マルテに2点本塁打を浴びたDeNA・笠井=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)