2019.8.20 08:00(1/2ページ)

【なるべく週刊エモト】日本も「先人の知恵」に耳を傾けよ

【なるべく週刊エモト】

日本も「先人の知恵」に耳を傾けよ

特集:
なるべく週刊エモト
江本孟紀氏

江本孟紀氏【拡大】

 サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(72)が、米大リーグの短い記事に触れて、力説した。「赤鬼に学べ!」。さて、誰のことで、どういう意味でしょう。 (構成・内井義隆)

 --メジャーの記事に目がとまったのですね

 「小さなニュースだったけど、さすがアメリカ、と思ったね。赤鬼のコーチ就任の記事よ」

 --あの赤鬼ですか

 「1976年からヤクルトと近鉄に在籍し、赤鬼と恐れられたホームランバッター、チャーリー・マニエル。アメリカに帰って、指導者としても成功した人だ」

 --近鉄で本塁打王2度。フィリーズの監督で2008年にワールドシリーズを制覇しましたね

 「そのマニエルが先週、フィリーズに打撃コーチとして招かれた。6年ぶりの現場復帰で、御年、75だ」

 --江本さんより年上

 「日本では、もうお引き取りください…なんていわれる世代だよ。特に最近、古いものは悪、新しいものは善、という迷信があるからね。アメリカは、そこが違う。古かろうが、新しかろうが、いいものはいい、正しいものは正しい。その信念に揺るぎがない」

【続きを読む】