2019.8.20 22:08

ロッテ・石川、自己最多タイ11K 4年ぶり2桁奪三振で80日ぶり4勝

ロッテ・石川、自己最多タイ11K 4年ぶり2桁奪三振で80日ぶり4勝

先発のロッテ・石川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

先発のロッテ・石川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)【拡大】

 ロッテの石川歩投手(31)が20日、楽天19回戦(ZOZOマリン)に先発し、8回6安打2失点の好投。自己最多に並ぶ11奪三振で、2015年以来4年ぶりとなる2桁三振を奪って楽天・岸との投げ合いに勝利し、チームの連敗を3で止めた。

 「すごいうれしい。できすぎだと思いますけど、柿沼がいいリードをしてくれた」

 6年目の今季は、初めて開幕投手を任された。しかし、腰痛や右肘の違和感などで2度、出場選手登録を抹消されるなど、わずか3勝止まりで7月10日からは救援に配置転換。セットアッパーやロングリリーフで10試合に登板した。

 8月6日に岩下が右足首の捻挫で離脱。代わって先発復帰して以降は、6回1失点の前回13日の日本ハム戦に続いて、2試合連続の好投を見せ、6月2日以来、80日ぶりとなる4勝目を手にした。

 「ここから乗っていきたい。安定した投球を続けていきたい」

 開幕投手が強くなって戻ってきた。