2019.8.20 14:50

決勝は星稜vs履正社 甲子園準決勝試合結果

決勝は星稜vs履正社 甲子園準決勝試合結果

 第101回全国高校野球選手権大会第13日は20日、準決勝2試合が行われた。

試合前、水溜りが目立つグラウンド=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

試合日程へ組み合わせへ


【準決勝】

 第101回全国高校野球選手権大会準決勝第1試合(履正社7-1明石商、20日、甲子園)

決勝進出を決め、笑顔で応戦席へ駆けだす履正社ナイン=甲子園

 履正社が快勝。一回に先頭の桃谷が中越え三塁打で出ると、続く池田の左前打で先制。さらに西川の2点打などで計4点を挙げた。五回には野口の適時打で1点、九回も野口の適時打で2点を挙げて、突き放した。岩崎はカットボールを効果的に使い、無四球で10奪三振。6安打1失点完投した。

 明石商は中森が立ち上がりに球威を欠いた。反撃は一回の来田の本塁打による1点のみ。二回以降は好機が少なく、攻撃を仕掛ける場面をつくれなかった。

試合詳細へ


 第101回全国高校野球選手権大会準決勝第2試合(中京学院大中京0-9星稜、20日、甲子園)

ほえる星稜・奥川=甲子園球場(撮影・岩川晋也)

 星稜が快勝した。奥川は球威、制球、変化球の切れとも素晴らしく、7回2安打無失点。10奪三振で、無四球とほぼ完璧な内容だった。2番手の寺沢も2回無失点。打線は序盤の好機を逃さなかった。一回に内山の犠飛で先制。二回は東海林が適時打。三回には山瀬の適時打などで4点を挙げた。七回は奥川の2点二塁打などで3点を加えた。

 中京学院大中京は打線が振るわず、二塁を踏めなかった。投手陣も相手の勢いを止められなかった。

試合詳細へ