2019.8.20 05:02

巨人・菅野、お得意様・竜倒して2桁勝利決める「対策と準備を」

巨人・菅野、お得意様・竜倒して2桁勝利決める「対策と準備を」

特集:
菅野智之
菅野の顔の前を「勝ち虫」といわれるトンボが飛んだ (撮影・荒木孝雄)

菅野の顔の前を「勝ち虫」といわれるトンボが飛んだ (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人は19日、一部の投手陣が川崎市のジャイアンツ球場で調整。21日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発する菅野智之投手(29)はプロ7年目で6度目の2桁勝利に向け、決意を口にした。

 「特別やることは変わらない。個人のことだから。10勝、11勝、12勝とできればうれしいけど」

 今季はここまで18試合で9勝(5敗)を挙げ、防御率3・71。5月下旬から腰の違和感で約1カ月間離脱したが、勝ち星を積み重ねている。

 「勝ち星は僕1人の力ではどうにもならないこともある。野手の方だったり、スコアラーさんだったり、感謝しないといけない」

 20日からの中日3連戦で3連勝し、2位・DeNAが3連敗した場合、22日にも優勝へのマジックナンバー「21」か「22」が点灯する。菅野は今季の中日戦で3試合に登板して2勝0敗、防御率0・72。それでも「相手もプロなので対策をとってくる。それを上回れるだけの対策と準備をしていけば問題ない」と慢心せず、マジック点灯を加速させる。 (赤尾裕希)

  • 名古屋入りを前に練習を行った巨人・菅野智之=よみうりランドG球場(撮影・荒木孝雄)