2019.8.19 15:45

エ軍監督、大谷74打席ぶりの1発に「ヒットを打ち続けてたし、心配していなかった」

エ軍監督、大谷74打席ぶりの1発に「ヒットを打ち続けてたし、心配していなかった」

特集:
大谷翔平
ホワイトソックス戦の7回、16号2ランを放って生還し、アップトン(8)に迎えられるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

ホワイトソックス戦の7回、16号2ランを放って生還し、アップトン(8)に迎えられるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)【拡大】

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(25)は18日(日本時間19日)、本拠地でのホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発。自己最長ブランクでノーアーチだったが、七回無死一塁で16号中越え2ランを放った。7月27日のオリオールズ戦(アナハイム)以来、後半戦2本目で19試合、74打席ぶりの本塁打となった。試合はエンゼルスが9-2で2連勝を飾った。

 米NBCスポーツ・シカゴ(電子版)は、「ショウヘイ・オオタニら、エンゼルスが本塁打連発でホワイトソックス下す」との見出しを打って、「大谷、カルフーン、タイス、ベンブームが本塁打を放って、エンゼルスは9-2でホワイトソックスに勝利した」と報じた。

 記事は「大谷の本塁打は7月27日(同28日)以来で、オールスター後2本目となった。この本塁打で自己最多となる9試合連続安打とした」と伝えた。

 AP通信によると、エンゼルスのオースマス監督は大谷の74打席ぶりの1発に「彼はヒットを打ち続けて攻撃面で大事な役割を果たしていたし、心配していなかった」とコメントしたという。

試合結果へ大谷の成績へ

  • ホワイトソックス戦の7回、16号2ランを放ち、ベンチで迎えられるエンゼルス・大谷(右から2人目)=アナハイム(共同)
  • ホワイトソックス戦の7回、中越えに16号2ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ホワイトソックス戦の7回、中越えに16号2ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ホワイトソックス戦の7回、16号2ランを放ち一塁へ向かうエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)