2019.8.18 18:46

阪神・矢野監督「木浪らしい打撃ができている」プロ初3安打の新人に目を細める

阪神・矢野監督「木浪らしい打撃ができている」プロ初3安打の新人に目を細める

7回、適時2塁打を放つ阪神・木浪=東京ドーム(撮影・松永渉平)

7回、適時2塁打を放つ阪神・木浪=東京ドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人6-3阪神、19回戦、巨人13勝6敗、18日、東京D)阪神のルーキー木浪がプロ初の1試合3安打をマークした。1-4の七回2死一塁では右中間へ適時二塁打。一、六回にはともに右前打で出塁して2番打者としてチャンスメークし「思い切ってできた。その中で結果が出たのは収穫」と手応えを口にした。

 7月26日に初めて2軍落ちし、8月6日に再昇格。「しっかり練習できたことが生きている」と日焼けした顔に充実感をにじませた。矢野監督は「内容もいいし、木浪らしい打撃ができている」と目を細めた。

ガルシア(4回3失点で7敗目)「投球自体は良かった。次は長いイニングを投げたい」

阪神・筒井外野守備走塁コーチ(四回に近本が飛球を見失い安打に)「本人も分かっていたと思う。注意はしていたが、残念なプレーになった」

試合結果へ

  • 7回、福留の適時打で生還した阪神・木浪=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 7回、福留が中適時打を放ち手を叩く阪神・矢野監督(右)=東京ドーム(撮影・矢島康弘)