2019.8.18 18:01

3連敗のロッテ・井口監督「打線でカバーできなかった」オリ3連戦で計2点

3連敗のロッテ・井口監督「打線でカバーできなかった」オリ3連戦で計2点

試合を見守るロッテ・井口監督=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)

試合を見守るロッテ・井口監督=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス2-1ロッテ、18回戦、オリックス11勝7敗、18日、京セラ)ロッテはオリックスとの3連戦で計2点しか奪えず3連敗を喫した。1-2の九回無死一、二塁では鈴木が初球に送りバントをファウルし、3球目を見逃した際に二塁走者の荻野が飛び出してアウトに。鈴木は「今は3番を打っているが、あそこはバントの場面。1球で決められなかったのが全て」と悔やんだ。

 20日間で19試合を戦う厳しい日程は、終盤に息切れして9勝9敗1分けだった。井口監督は「この3試合は打線でカバーできなかった。選手たちはよく戦ってくれた」とねぎらった。

種市(6回2失点で2敗目)「立ち上がりは良かったと思う。もう少しストライクゾーンで勝負すれば良かった」

試合結果へ