2019.8.18 19:45

西武、平井がつかまり連勝逃す「もう一つ冷静に投げられたら良かった」

西武、平井がつかまり連勝逃す「もう一つ冷静に投げられたら良かった」

7回、松田宣に同点打を許した平井(左から3人目)のもとに集まる西武ナイン=ヤフオクドーム

7回、松田宣に同点打を許した平井(左から3人目)のもとに集まる西武ナイン=ヤフオクドーム【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク5-4西武、19回戦、ソフトバンク10勝9敗、18日、ヤフオクD)西武は救援陣の柱、平井がつかまり、首位ソフトバンク相手の連勝を逃した。4-3の七回に登板。1死からグラシアルに死球を与え、松田宣、明石に甘く入った変化球を続けて二塁打とされて2失点し「もう一つ冷静に投げられたら良かった」と悔やんだ。

 両リーグ最多の59試合目の登板だった。投手陣のやりくりが苦しい中、奮闘してチームを支えてきたが、大事な一戦で役割を果たせなかった。「また明日(19日)勝てるよう、しっかり準備するだけ」とすぐに切り替えを図った。

試合結果へ