2019.8.18 05:02

爆勝13点!西武、千賀粉砕4差 球団記録タイ9試合連続2桁安打

爆勝13点!西武、千賀粉砕4差 球団記録タイ9試合連続2桁安打

二回、西武・栗山巧が本塁打を放つ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

二回、西武・栗山巧が本塁打を放つ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク8-13西武、18回戦、9勝9敗、17日、ヤフオクD)パ・リーグ2位の西武が敵地で牙を剥いた。二回に千賀を攻め立て一挙9得点。この回に右翼席へ7号3ランを放った栗山巧外野手(35)は「何とかつなぐ気持ちで打席に入った。打った瞬間、本塁打の手応えでした」と喜んだ。

 練習に取り組む姿勢などが若手の模範となっているプロ18年目のベテランは、足でもお手本を示した。9点リードの四回1死満塁。遊撃へのゴロで一塁へ全力疾走した。リクエストでアウトの判定がセーフに覆り、10点目を奪った。「点差は関係ない。打ったら走るのは当たり前」とさらりと言った。

 打線は13安打13得点の猛攻を見せ、9試合連続2桁安打の球団記録に並んだ。首位・ソフトバンクと直接対決。1分け2敗以下なら自力優勝の可能性が消滅する3連戦で、初戦を取った。

 それでも「(千賀は)相変わらず球が速いし、紙一重。ピシャッとやられていたかもしれない」と栗山。鷹とは4ゲーム差。首位の背中を追う。 (花里雄太)

試合結果へ