2019.8.17 05:02

ラミDeNA、5連敗で3位転落 守備で“ミス”伊藤裕交代…執念采配も実らず

ラミDeNA、5連敗で3位転落 守備で“ミス”伊藤裕交代…執念采配も実らず

DeNAが5連敗。ラミレス監督(右端)の表情もさえない (撮影・荒木孝雄)

DeNAが5連敗。ラミレス監督(右端)の表情もさえない (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA2-4広島、19回戦、広島10勝8敗1分、16日、横浜)DeNAは5連敗で7月9日から守っていた2位から陥落し、3位に後退した。アレックス・ラミレス監督(44)は、執念の采配を見せたが実らなかった。

 「あの打球は捕ってもらいたかったなと思う。特に走者も投手(大瀬良)でしたし…」

 指揮官が振り返ったのは2-2で迎えた五回の守備だ。

 1死2塁で西川の緩いゴロが二塁手のD2位・伊藤裕(立正大)のグラブの下を抜けて中前へ。二走の大瀬良が本塁に生還し、勝ち越しを許した。記録は安打となったが捕球していれば防げた失点。六回の守備で1軍昇格から7戦4本塁打と打撃好調だった伊藤裕を柴田に代えた。

 ビハインドの展開でも勝ちパターンの投手をつぎ込み、最後まで勝利を目指したが連敗を止められず。この日は2失策にバッテリーエラー(暴投2)とミスも目立った。巨人の背中がこれ以上、遠のく前に“負の連鎖”を何とか止めたい。(佐藤春佳)

五回途中3失点で5敗目のDeNA・井納「いい球と悪い球がはっきりしてしまった。先制点につながったベースカバーの遅れや、大瀬良投手に安打を許したことが反省点」

試合結果へ

  • 広島・西川龍馬の打球に追いつけず適時打とされたDeNA・伊藤裕季也=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 9回、険しい表情で戦況を見守るDeNA・ラミレス監督(左は三浦大輔投手コーチ)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 5回、降板するDeNA・井納=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、同点の中適時三塁打を放つDeNA・戸柱=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 4回、マウンドの先発・井納(中央15番)の周りに集るDeNAナイン=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 4回、広島・鈴木の投手ゴロ。打球を捕るDeNA・井納=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 先発したDeNA・井納=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 始球式を終えた小島よしおと握手するDeNA・ラミレス監督(左)=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 筒香(右)と話すDeNA・ラミレス監督=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)