2019.8.16 18:07

明石商・杉戸、粘りの完投「最後まで辛抱して良かった」/甲子園

明石商・杉戸、粘りの完投「最後まで辛抱して良かった」/甲子園

先発の明石商・杉戸=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

先発の明石商・杉戸=甲子園球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会第10日第3試合(明石商3x-2宇部鴻城=延長十回、16日、甲子園)明石商の杉戸は一回に本塁打で2点を失った後は、低めに制球して得点を許さなかった。延長十回、サヨナラ勝ちに「最後まで辛抱して投げて良かった」と胸をなで下ろした。

 次戦以降を見据えて、初戦に完投した2年生エースの中森を温存。杉戸は「何点取られようが粘るのが明石商の野球」。自分の役割を果たして完投した。

明石商・狭間監督(小技を絡めた逆転勝ちに)「本当に素晴らしい。チャンスをものにしてくれた」

明石商・重宮主将(サヨナラ勝ちに)「あの場面でスクイズを決めるのがチームの強み。1番から9番まで全員が決めるという自信がある」

明石商・清水二塁手(八回1死三塁でエンドランを仕掛けて同点)「緊張したが、いつも練習でやってきたプレーなので無心でできた」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ