2019.8.16 12:23

作新学院・林、松坂以来の無安打無得点ならず/甲子園

作新学院・林、松坂以来の無安打無得点ならず/甲子園

8回裏、岡山学芸館・金城に左前打を許し、悔しがる作新学院・林=甲子園

8回裏、岡山学芸館・金城に左前打を許し、悔しがる作新学院・林=甲子園【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会第10日第1試合(岡山学芸館0-18作新学院、16日、甲子園)作新学院の林は、1998年大会の横浜(神奈川)の松坂以来の無安打無得点はならなかった。八回2死走者なしから甘い直球を左前に運ばれて初安打を許した。直後に降板したが、大きな拍手を受けてベンチに下がった。

 大量得点の打線の勢いに乗るかのように、テンポよく低めを突いて好投した。ただ6四死球と制球が乱れ、投球フォームの修正を課題に挙げた。「次は無四球でいきたい」と意気込んだ。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 1回、作新学院の先発・林=甲子園球場(撮影・桐原正道)