2019.8.16 19:45

八戸学院光星、激闘制し5年ぶり8強入り/甲子園第10日

八戸学院光星、激闘制し5年ぶり8強入り/甲子園第10日

 第101回全国高校野球選手権大会第10日は16日、3回戦4試合が行われた。

岡山学芸館に快勝し準々決勝進出を決め、駆けだす作新学院ナイン=甲子園

試合日程へ組み合わせへ


【3回戦】

 第101回全国高校野球選手権大会第10日第1試合(岡山学芸館0-18作新学院、16日、甲子園)

1回、作新学院の先発・林=甲子園球場(撮影・桐原正道)

 作新学院は林が八回2死まで無安打と好投した。直球を中心にスライダーなどの制球も良く、許した安打は1本だけだった。救援の三宅も得点を許さず無失点リレー。打線は19安打で18得点を挙げる猛攻。六回までに10点を先行。八回には8点を加えて、突き放した。岡山学芸館は投手陣が打ち込まれた。打線も序盤の好機を逃した。

試合結果へ


 第101回全国高校野球選手権大会第10日第2試合(東海大相模4-9中京学院大中京、16日、甲子園)

7回、勝ち越しの適時打を放つ中京学院大中京・小田=甲子園球場(撮影・桐原正道)

 中京学院大中京が、2点を追う七回に8長短打を集めて、逆転勝ち。1点を挙げた後、藤田の適時打で同点、小田の適時打で勝ち越した。さらに畳み掛け、この回は計7点を挙げた。先発の不後はコースを丁寧に突いた。小刻みな継投を見せ、八回からは赤塚が得点を許さなかった。東海大相模は投手陣が踏ん張れなかった。ミスも響いた。

試合結果へ


 第101回全国高校野球選手権大会第10日第3試合(明石商3x-2宇部鴻城=延長十回、16日、甲子園)

10回、サヨナラのスクイズを決める明石商・河野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

 明石商が小技で得点を奪い、サヨナラ勝ち。1-2の八回に三盗を決めて1死三塁とし、エンドランを仕掛けて同点。延長十回は1死満塁から河野のスクイズで試合を決めた。杉戸は一回に2ランを浴びた後は制球良く打たせて取った。10安打を浴びながら、10回を2失点完投した。宇部鴻城は2人の継投で粘り強く失点を防いだが、打線がつながらず。

試合結果へ


 第101回全国高校野球選手権大会第10日第4試合(海星6-7x八戸学院光星、16日、甲子園)

1回、力投する八戸学院光星・横山=甲子園球場(撮影・桐原正道)

 八戸学院光星がサヨナラ勝ち。6-6の九回1死無走者から、2安打と四球で好機をつくり、下山の中前打で試合に終止符を打った。六回途中から3番手で登板した山田が粘り強い投球で抑え込んだ。

 海星は3点を追う六回に3点を挙げて追い付いたが、九回の好機を逃した。2番手で好投していた江越が九回につかまった。

試合結果へ