2019.8.15 05:00

阪神・秋山、悔し…最短降板

阪神・秋山、悔し…最短降板

1回、先発の阪神・秋山=ナゴヤドーム(撮影・宮沢宗士郎)

1回、先発の阪神・秋山=ナゴヤドーム(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、中日3-6阪神、20回戦、中日12勝7敗1分、14日、ナゴヤD)今季初の中5日で先発した秋山だったが、一回にいきなり2失点。四回までに6安打を浴び、3点を失い、五回の攻撃で代打を送られた。故郷・愛媛から両親が駆け付けた前での悔しい今季最短降板。「一回からバタバタしてしまって。早い回に失点して、反省です。チームは勝ちましたが、先発の仕事ができてないので」。勝利に沸く試合後も表情は厳しかった。

試合結果へ