2019.8.15 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】最強PL伝説の裏で悲壮決断

【虎のソナタ】

最強PL伝説の裏で悲壮決断

特集:
虎のソナタ
PL学園時代の桑田(右)と清原。甲子園には数々の伝説がある

PL学園時代の桑田(右)と清原。甲子園には数々の伝説がある【拡大】

 (セ・リーグ、中日3-6阪神、20回戦、中日12勝7敗1分、14日、ナゴヤD)♪君ゆえに 永き人生(ひとよ)を 霜枯れて…(古賀政男『影を慕いて』)

 台風10号という無粋なヤツが何もお盆休みのドサクサにわざわざ遠回りしてやってこなくていいのに…ああいうのって必ず、どこの職場にもいるんだよなぁ…。

 あ、先輩、夏休みはどうでした。夏休みですよ、なつやすみッ…今日は台風で締め切りが早いんで頼んまっせ! といきなり威勢のいい声が肩口から落ちてきた。

 振り向かなくても、すぐわかる。運動部長大澤謙一郎だ。皆さまも大変な“お盆休み”だったでしょ。だからといってどこにも出かけず家中のクーラーの効いたところを探しては家族から嫌がられ、それでも行く場所もない“空蝉パパ”の存在感の希薄なことったら…ポツリと大澤部長「息子が難しい年代になると相手もしてくれませんヮ」。仕方なく会社に用もないのに出かけてみんなに嫌がられたり…(あ、これは大澤部長のことではありません…)

 「それで夜はテレビの音を小さくして阪神の試合を膝小僧をかかえて一人でみる…そしたら…これが点がとれませんヮ」

 それで思わず「もうちょっとキチンと予習復習して点をとらんかい!」といってから、アワヮッと口を押さえても遅い。

 だから、なんだかんだの理由をつけてちょくちょく出勤して…またうるさがられて…。

 その頃、トラ番キャップ大石豊佳は阪神の宿舎付近をマークしていた。フト見るとガルシア投手が女性ファンに囲まれてニコニコ顔…。「あの笑顔がマウンドで見られたらいいんですが…切り替えが早いのは頼もしいですけど…」と電話をくれた。

【続きを読む】