2019.8.15 21:35

西武・山川が2戦連発「芯に当てることはできました」

西武・山川が2戦連発「芯に当てることはできました」

6回 2点本塁打を放ち、おどけた表情で生還する西武・山川=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

6回 2点本塁打を放ち、おどけた表情で生還する西武・山川=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)【拡大】

 西武・山川穂高内野手(27)が15日、オリックス21回戦(メットライフ)で2戦連発となる35号2ランを放った。

 「打ったのはフォークかシンカーのどちらかだと思います。ホームランになる感じはしませんでしたが、芯に当てることはできました。打ててよかったです」

 4-16の六回、2死一塁から比嘉の131キロの変化球を捕らえて左翼席に運んだ。これで、7番に降格した11日のロッテ戦から5戦3発と復調気配を見せている。

試合結果へ