2019.8.15 05:03(1/2ページ)

関東第一、4年ぶり16強!土屋が5失点も粘り完投/甲子園

関東第一、4年ぶり16強!土屋が5失点も粘り完投/甲子園

雄たけびを上げる土屋。継投策が多い関東第一で、一人で投げ切った

雄たけびを上げる土屋。継投策が多い関東第一で、一人で投げ切った【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会第9日(14日、甲子園)2回戦3試合が行われ、関東第一(東東京)、鶴岡東(山形)、仙台育英(宮城)が16強に名を連ねた。関東第一は熊本工に6-5で勝利。土屋大和投手(3年)が7安打5失点、127球を投げ抜いて完投した。鶴岡東は丸山蓮外野手(3年)の2本塁打などで、今春の選抜準優勝の習志野(千葉)を9-5で下した。仙台育英は鳴門(徳島)に8-5で勝った。

 27個目のアウトがコールされると、ピンチでも表情を変えないクールなエースがニコリと笑い、息を吐いた。最後は17個目の内野ゴロに仕留める遊ゴロ。台風の影響で強い風が吹き、土が何度も舞い上がる聖地で、土屋が9回5失点の完投。127球を投げ抜いた。

 「自分の投球ができてうれしい。(次の)試合(3回戦)が迫っているので、自分一人で投げ抜けてよかったです」

 経験が強い心を作り出した。ピンチでも「焦りはない」と動じない。実は、小・中・高と全て全国大会に出場してきた。東京・江戸川区立上一色中3年時には、中学軟式野球の全国大会決勝で、後に星稜に進む奥川を擁する石川・かほく市立宇ノ木中と対戦。2番手で登板し、3回無失点もチームは1-2で敗れた。「(奥川と)戦いたい気持ちはあるが、まずは一戦一戦」と見据えた。

 高校入学時は171センチ、60キロと線が細かった右腕。徹底的に下半身を鍛え、14キロの増量に成功。体力だけでなく、武器であるコントロールと球の切れを身につけた。

【続きを読む】

  • 試合後、整列してあいさつする関東第一ナイン。戦いは続く(撮影・桐原正道)
  • 一回、関東第一の先発・土屋大和=甲子園球場(撮影・渡辺恭晃)
  • 熊本工に競り勝ち、雄たけびを上げる関東第一・土屋=甲子園
  • 熊本工戦に先発した関東第一・土屋=甲子園
  • 熊本工に競り勝ち、応援席に駆けだす土屋(左から2人目)ら関東第一ナイン=甲子園
  • 熱のこもった応援でナインを鼓舞する関東第一の応援席=14日、甲子園(撮影・斎藤有美)
  • 熱のこもった応援でナインを鼓舞する関東第一の応援席=14日、甲子園(撮影・斎藤有美)