2019.8.15 05:01

巨人・小林、野村から先制打 広陵準Vバッテリー

巨人・小林、野村から先制打 広陵準Vバッテリー

4回、巨人・小林は先制左前適時打を放つ=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)

4回、巨人・小林は先制左前適時打を放つ=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)【拡大】

 (セ・リーグ、広島1-7巨人、20回戦、広島12勝7敗1分、14日、マツダ)小林が貴重な先制打を放った。四回1死二、三塁で、広島・広陵高時代の2007年に夏の甲子園でバッテリーを組んで準優勝した野村から左前適時打。「打ててよかった」と汗をぬぐった。リードでは菅野を好投に導き、「僕より(菅野の)状態が上がってきているので。捕手が一丸となって、より一層頑張りたい」と力を込めた。

七回無死一塁から勝ち越しの左中間二塁打を放った巨人・坂本勇「勝ててよかった。(一走の)亀井さんが走ってくれたので」

7得点の打線に巨人・吉村打撃総合コーチ「野村は厳しいボールを投げていて、変化球の種類も多い中で阿部が2安打。(他の選手は)勉強になったんじゃないか」

試合結果へ