2019.8.14 21:59

阪神・能見、今季初勝利にも控えめ「ゼロで抑えられたので」

阪神・能見、今季初勝利にも控えめ「ゼロで抑えられたので」

5回、投球する阪神・能見=ナゴヤドーム(撮影・宮沢宗士郎)

5回、投球する阪神・能見=ナゴヤドーム(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト15-2DeNA、21回戦、DeNA11勝10敗、14日、神宮)阪神の能見が五回を抑え、今季初勝利を挙げた。これで11年連続勝利となり「ゼロで抑えられたので」と控えめに喜んだ。

 4回3失点の秋山に代打を送った五回に味方が逆転すると、その裏を任された。早い回での登板も「(影響は)全然」と涼しい表情で無失点。2死からビシエドに二塁打を許したが、続く阿部を空振り三振に仕留めた。40歳を迎えた今季も41試合に登板し、充実のシーズンを送っている。

試合結果へ