2019.8.14 13:00

阪神・ソラーテ、7月度「スカパー! サヨナラ賞」受賞

阪神・ソラーテ、7月度「スカパー! サヨナラ賞」受賞

7月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した阪神・ソラーテ=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)

7月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した阪神・ソラーテ=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)【拡大】

 阪神の新外国人、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)=前マーリンズ傘下=が14日、7月度の月間「スカパー! サヨナラ賞」を受賞した。来日4試合目で、4時間超の乱打戦に終止符を打つ逆転サヨナラ2ランをたたえた。

 「この賞をいただいて、率直にうれしく思っています。自分の数字にかかわらず、まずチームが勝つことが1番だったし、そのなかで自分もここ(阪神)に来させてもらう以上、しっかりとチーム貢献したいという思いでした」

 7月30日の中日戦(甲子園)で5-6の九回無死一塁から右打席に立つと、内角高めの初球138キロを振り抜き、左翼ポール直撃の逆転サヨナラ2ランを放った。「シンプルに集中して打席に入りました。しっかり集中してコンタクトしてセンターに、という思いでやっていましたね」。五回にも球団通算8000号となる2号2ランを放っており、この日、2本塁打をマーク。衝撃の聖地デビュー戦を飾った。

 「ファンの方々が声援してくださるおかげかなと心から思っています」

 2012年に制定された「スカパー! サヨナラ賞」。5月度の高山、6月度の原口に続き、3カ月連続受賞となった。同一球団の3カ月連続受賞は2013年9月~2014年5月の広島に並ぶ最長記録。同一シーズンでは初となった。

 

  • 7月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した阪神・ソラーテ=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)