2019.8.14 05:03(2/2ページ)

阪神・近本、奮闘マルチで虎新人安打トップ5入り122安打!

阪神・近本、奮闘マルチで虎新人安打トップ5入り122安打!

阪神・新人安打上位

阪神・新人安打上位【拡大】

 今や打つたび、走るたびに記録がつきまとう虎の一番星だ。走者を出しながらもゼロを並べてきた大野雄の投球も、近本の力でわずかにほころびを見せた。脚力を警戒するあまり、五回1死一塁から北條に四球。一、二塁になったが、ここは福留、マルテの3、4番が倒れ、チャンスがついえた。近本は三回と五回の2度、二塁上で悔しい攻撃終了を迎える形になってしまった。

 2016年の高山が持つ球団新人安打記録「136」までは、残り34試合で14。試合を重ねるごとに頼もしさと力強さを増す近本なら、必ず狙える。前半戦は87安打のうち23安打が内野安打だったが、後半戦の35安打のうち内野安打は3安打のみ。虎を引っ張り、白球も力強く引っ張って、次々と上を目指していく。

 延長十二回の先頭では10球粘り、気持ちを見せたが一ゴロに倒れた。「凡打の内容が良くなっていけるように考えています。でも、他のこと(打席)でもっとできることはあったかなと思います」と反省の言葉が口をつく。何とか動かそうとしても動かなかった、この試合の悔しさを胸に。近本はこのまま突き進む。 (長友孝輔)

徳網 茂(とくあみ・しげる)

 1924(大正13)年3月30日、京都府出身。京都商業学校(現京都学園高)では3季連続で甲子園に出場。同志社大、大洋漁業を経て49年、翌年に新設される毎日への入団が決まったが、大阪タイガースへトレードされ、1年目の50年は大阪で迎えた。正捕手として活躍し、59年限りで引退。通算782試合で打率・246、7本塁打、226打点。引退後は京都学園大の講師となり、同大野球部の監督も務めた。76年に死去。現役時代は170センチ、65キロ。

試合結果へ

  • 三回、遊撃への内野安打を放った近本。五回にも中前打を放って今季122安打とし、球団新人歴代5位タイに浮上した(撮影・岡田亮二)
  • 5回、安打を放つ阪神・近本=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)
  • 5回、安打を放つ阪神・近本=ナゴヤドーム(撮影・岡田亮二)