2019.8.14 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】快適ナゴヤDで息苦しい緊迫感

【虎のソナタ】

快適ナゴヤDで息苦しい緊迫感

特集:
虎のソナタ
木浪は試合前練習で倒立を披露。猛暑のなかでも明るさは失っていないゾ

木浪は試合前練習で倒立を披露。猛暑のなかでも明るさは失っていないゾ【拡大】

 (セ・リーグ、中日0-0阪神=延長十二回規定により引き分け、19回戦、中日12勝6敗1分、13日、ナゴヤD)エッ! 阪神が勝っとるがナ…と編集委員上田雅昭は思わず小さな声をもらした…。

 前日12日は新聞休刊日で、13日は宅配の新聞はありません。ですが、スポーツ紙は即売特別版をコンビニや駅売店などで発売して、読者のニーズに応えているわけです。

 で、昼過ぎに上田は名古屋の宿舎から外に出て「アチチッ」と炎天下を脱兎の如く走り、近くのコンビニに飛び込み各社の即売特別版を買い込みました。はてさて…ライバル社は昨夜の阪神の1-5と中日の初登板ルーキー梅津にいいようにあしらわれた展開をどんな編集、記事にしているのか…と各紙を広げて彼は腰を抜かした。

 各紙…「逆転の阪神、両リーグ最多の28度目!」とデカデカ。つまり…阪神が勝っているんです。ん、どういうこっちゃ…最近、物忘れや目がクラクラすると思ったが…ついに俺も来るモノが来たか…とギクリとした。

 で、そこからがさすがに上田だ。あわてず騒がず…よく見ると…日付が1日前の12日付じゃないか。なんと「1日古い新聞」を売っていた。それで店員さんに文句を言おうとしたら…明らかにその店員さんは外国人アルバイト…上田は冷静に「これはあわてて買い込んだ俺も悪かった。それにしても…」と言った。

 読者の皆さまはよくご存じでしょうが、われわれの商品はたとえ1日でも過去のモノだと1銭の値打ちもないわけです。ハハン、これは何かの間違い…そうでした。それでモノ静かな上田は「俺もガツガツしてたから悪かったヮ」と苦笑してコトなきをえた。

【続きを読む】