2019.8.14 05:00

【ダンカン】凡打で全力疾走しないソラーテ許せ~ん

【ダンカン】

凡打で全力疾走しないソラーテ許せ~ん

特集:
ダンカン 虎の通信簿
8回、安打を放つ阪神・ソラーテ=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)

8回、安打を放つ阪神・ソラーテ=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、中日0-0阪神=延長十二回規定により引き分け、19回戦、中日12勝6敗1分、13日、ナゴヤD)ウググググ…。苦しい延長十二回、0-0と両チームとも三塁ベースも踏めない…。これが真夏のプロ野球の『Bクラス・決め手がない地獄』なのか!?

 中日先発の大野雄、そして阪神先発の青柳をはじめ、両チームの投手陣が持てる力を十二分に発揮しての大投手戦で、引き分けという見方があると思う。

 そう思いながらも、チャンスに甘い球をミスショットしたり、あっさり初球で併殺打を打つ4番・マルテに歯ぎしりガリガリ…。それでもまだ耐えていたのに、完璧にインコースのストライクなのに「OH! NO!!」と天を見上げる見逃し三振の打席。そしてそれ以上に、凡打で全力疾走をしないソラーテの負け犬のような姿に許せ~ん!!

 アメリカンドリームって、0・1%の可能性の夢を実現させることちゃうんかい!! せめてそれを追い求める姿を猛虎ナインに見せてくれよー!!

 こんなことなら虎の将来のために「何があろうが右打ち禁止」の十字架を背負わせて(いや、かなりむちゃなのは分かっていますよ)、4番・大山悠輔でええやん!!

試合結果へ