2019.8.14 05:03(1/2ページ)

ヤクルト・山田哲、29号!4度目トリプルスリーあきらめん

ヤクルト・山田哲、29号!4度目トリプルスリーあきらめん

特集:
山田哲人
山田はファンの子供たちとタッチを交わした (撮影・長尾みなみ)

山田はファンの子供たちとタッチを交わした (撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト8-7DeNA、20回戦、DeNA11勝9敗、13日、神宮)ヤクルト・山田哲人内野手(27)が13日、DeNA20回戦(神宮)の一回、左中間席へ先制の29号ソロを放ち、2年連続の30号に王手をかけた。2安打1打点で打率を.279に上げ、盗塁数は25。4度目のトリプルスリー(同一シーズン打率3割、30本塁打、30盗塁)達成へ、追い込みをかける。試合は8-7で競り勝ち、2連勝とした。

 内角高めの難しい直球を、いとも簡単にスタンドまで運んだ。一回。山田哲が右足を軸に素早く体を回転させ、天才的なバットさばきを見せた。

 「甘い球を待っていた。弾道は低かったけれど、捉えられたし、振り切ることができた」

 満足そうに振り返った先制の29号ソロ。2年連続の30号に王手をかけ、通算200号にも残り4本に迫った。

 前人未到の4度目となるトリプルスリーへ、29本塁打、25盗塁と2部門は射程内。打率は伸び悩み、7月28日の時点で・267まで落ち込んだ。それでも8月に入ってからは打率・319(47打数15安打)、5本塁打と状態を上げてきた。

 この日は4打数2安打で打率も・279まで上昇。残り34試合で仮に4打数ずつあるとした場合、打率3割を打つためには136打数で50安打(打率なら・368)以上が必要になる。過去、6-9月に計6度の月間MVPを獲得し、昨年7月に打率・425を記録したことを踏まえれば不可能な数字ではない。

【続きを読む】

  • 山田哲人の年度別打撃成績
  • 先制本塁打を放つヤクルト・山田哲人
  • 1回本塁打を放ち生還したヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • つば九郎と勝利のガッツポーズを決めるヤクルト・バレンティン=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • つば九郎と抱き合うヤクルト・バレンティン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合後ハイタッチを交わすヤクルト・村上(左)とバレンティン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合に勝利し、タッチを交わす山田哲(右)らヤクルトナイン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 4回適時三塁打を放ち、喜ぶヤクルト・太田=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、勝ち越し適時打を放つヤクルト・川端=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、適時二塁打を放つヤクルト・高井=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、2点適時二塁打を放つヤクルト・西田=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 本塁打を放つヤクルト・青木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)