2019.8.14 17:14

熊本工・山口「楽しかった」“ラッキーボーイ”が充実感

熊本工・山口「楽しかった」“ラッキーボーイ”が充実感

試合に敗れ、砂を集める熊本工ナイン=甲子園球場(撮影・渡辺恭晃)

試合に敗れ、砂を集める熊本工ナイン=甲子園球場(撮影・渡辺恭晃)【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会第9日第3試合(関東第一6-5熊本工、14日、甲子園)1回戦で劇的なサヨナラ本塁打を放った熊本工の7番山口は、1-5の七回に2点適時打を放った。1死二、三塁から「とにかく後ろにつなぐ気持ちしかなかった」と、浮いた球を左前にはじき返した。

 2点を追う九回。ベンチでは「山口に回せ」という声が飛んだという。1死三塁から“ラッキーボーイ”は遊ゴロで三塁走者をかえしたが、反撃もここまでだった。惜敗にも「楽しかった。あっという間に時間が過ぎていった」と充実感をにじませた。

熊本工・田島監督「守備のミスが全て。(相手の)積極的な走塁で目に見えないプレッシャーがあったのかな」

熊本工・梶原主将「相手の走塁を警戒するあまり、自分たちの守備ができなかった。粘り強い野球はできた」

熊本工・林投手(5回5失点)「五回に相手の打球が抜けるようになって、合ってきていると感じた」

熊本工・小野右翼手(五回に失策)「走者を気にしてしまって、ボールを捕ることに集中できなかった」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ